本文へスキップ

電話でのお問い合わせはTEL.045-261-8191

〒231-0036 横浜市中区山田町1-2

寄附・寄贈についてDonation

ご支援いただける方へ

 日本海員掖済会は1.船員支援事業、2.社会福祉事業、3.医療事業、4.介護事業を行っております。

 このような事業の公益性が認められ、令和2年4月1日に内閣府より公益社団法人として認定されました。

 これに伴い日本海員掖済会並びに横浜掖済会病院は、皆様からご寄附を受けることができる様になりました。
 お寄せいただいた寄附金は、地域の皆さんが安心して最良の医療が受けられるよう当施設の維持や建設、医療機器の購入などに活用させていただきます。

 当会及び当院の事業活動にご理解とご賛同をいただき、ご寄附をお寄せくださいますようお願い申しあげます。

税制上の優遇措置

 公益法人への寄附は税法上の優遇措置が受けられます。 寄附金控除等の詳細につきましては、最寄りの税務署にお問い合わせください。

<個人のご寄附について>
所得税の寄附金控除
 ご寄附は、所得控除の対象となります。
相続税の非課税特例
 相続や遺贈によって取得した財産をご寄附いただいた場合は、その寄附をした財産は相続税の対象としない特例があります。
個人住民税の寄附金控除
 詳しくはお住まいの自治体へお問い合わせください。
<法人のご寄附について>
法人税の寄附金の特例
ご寄付は、その寄附金の合計額と寄附金の損金算入限度額のいずれか少ない金額が損金に算入されます。
  ここで損金算入できなかった寄附金は、一般寄附金の損金算入限度額を上限に損金算入できます。
  詳しくは、住所地の都道府県税事務所、市町村徴税窓口にお尋ねください。
ご寄附は、その寄附金の合計額と寄附金の損金算入限度額のいずれか少ない金額が損金に算入されます。
ここで損金算入できなかった寄附金は、一般寄附金の損金算入限度額を上限に損金算入できます。 詳しくは、住所地の都道府県税事務所、市町村徴税窓口にお尋ねください。

申し込み方法

 寄附金申込書をダウンロードし、必要事項をご記載の上、郵送してください。

寄附申込書(個人) PDF版 / Word版
寄附申込書(法人) PDF版 / Word版

お問い合わせ

 横浜掖済会病院 総務課
 TEL:045-261-8191

横浜掖済会病院外来受付時間
 午前8:30〜午前11:30
 (土・日・祝祭日休診)

お見舞いの方へ(面会時間)
<平日>
 午後3:00〜午後7時
<土・日・祝祭日>
 午前10:00〜午後7時